物欲精査

南部鉄器の鉄瓶

→鉄分摂取したい。岩鋳さんのスワローポット欲しい。「鉄玉子でいいのでは」と言われて納得している。私はずぼらである。

 

鍋島青磁の茶器

→湯呑みとかでも良いので一つ欲しい。視覚の癒し。

 

富士フイルムのカメラ

→ミラーレス欲しい。35mmの単焦点レンズと合わせてさくっと持って出かけたい。優先順位一位。

 

パーマ

→かける。

 

今より少し大きいリュック

→ちょっと遠出するとき用に欲しいかも。横からも取り出せるやつ。

 

アニエスベーの時計

→今持ってるのが気に入ってるので壊れるまで大事にしてみようか。買い足すならメタル&白蝶貝の。

ドイツ

f:id:devie999:20210518144400j:image

ドイツに行きたい。

これはライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団でも振っていた指揮者。

海外旅行に行ける世の中になったらまずはライプツィヒを再訪したい。

 

2021年1QはマーカスボナのトロンボーンケースやiPad Air、Oculus Quest2とだいぶお金を使った。ただ、生活のインフラとして早く買っておけばよかった気がするし後悔が全くない。

 

2021年2Qもいくらか欲しいものがある。南部鉄器の鉄瓶、鍋島青磁の茶器、富士フイルムのカメラ。それから髪のパーマ代とか。山登りを始めたりもしたいのでウェア一式も。最優先はカメラだろうか。

 

0519追記

今より少し大きいリュック

アニエスベーの時計

回復スイッチ

少しづつ調子が回復していて、ようやくスイッチがぱちっと鳴るように色んなことを楽しんだり味わったりできるようになった。

時間はかかったけど。

やってきた事と、また出来るようになったり楽しめるようになったことをメモ。

 

(やったこと)

・カウンセリングサービス利用

  →職場の福利厚生で契約している外部のサービスを使った。いつでも、一日30分前後までの相談可能な枠を使った。不安と自己嫌悪、嬉しくないことをされた混乱で潰れそうな時に頼って、話を着てもらったり励ましてもらったりした。

・あるカウンセラーのポッドキャストを聞く

  →たまたま知った心理カウンセラーのwebラジオ。何も考えず横になって目を瞑ってぼーっと聴いていた。自己肯定感や人間関係と向き合うのにだいぶ役に立ちました。たまーにワーク付きの回がある。根本さんの話し方や話の進め方のヒーリング力が高い。

・マンガを読む

  →かげきしょうじょ!!は傑作。癒しそのもの。

・講談について学ぶ

  →日本の伝統芸能にはめちゃくちゃ疎いので、すべてが新鮮で純粋に楽しかった。気分転換。張扇を叩く音が心地良く、聴いていてストレス解消になった気がする。

 

(できるようになったこと)

・一人で過ごす

   →ここ最近(数日)での一番の変化は、一人の時間を無限に楽しめるようになったこと。四半世紀近く一人で何をしていても苦にならなかったの

が、交友関係が広がってから寂しがりになってしまっていた。極端な時期は仕事と睡眠以外で3時間以上一人で過ごせなかったり。そこから脱出出来たのは良い兆候だと思っている。

・音楽を楽しむ

   →色んな曲を集中して聴けるようになった。TwitterのTLに宇多田ヒカルTravelingが流れてきて、なんとなく聴いてた時に「あれ、私ちゃんとまた音楽聴けてる」と気が付いた。かれこれ二年ぐらい音楽を聴いても良い感情はあまり生まれてこなかったから、(それにすら気付いてなかったけど)、楽しみが復活したのは喜んでおきたい。

 

もっと色々ありそう。

 

自分に寄り添う

f:id:devie999:20210407160334j:image

少し上手くいかなかった人間関係があって、ここ一ヶ月ぐらいそこそこに悩み続けた。

つい数日前に当事者には「もうおしまいね」と伝えたけど、ダメージは残ったままなのでセルフケアが必要そう。

(面白い逸話があったみたいなので別で書こう)

幸い励ましたり話を聞いてくれる友人知人には恵まれたけど、それでも回復しないエリアは多分自分で何かをしないといけないんだろうなと。

思い切って電話カウンセリングを使ってみた。どうにもならない気分やきっかけについて聞いてもらって言われたのは、「自分のしんどさにフタをしないで欲しい、もう一人の自分をイメージしてひたすら共感してあげて欲しい」。

それから一週間ぐらい、夜はそうするようにした。前より一人で過ごすのが怖くなくなった気がする。「自分の幸せを見つけて味わって行けば良いんだよ」って言葉にだいぶ救われた。

 

東京女子図鑑を観ている

去年の年末、知人にドライブへ誘われた。

その時はお寿司を食べたい気分だったので築地や六本木でゆるゆると食事をしたけど、行き先候補で提案された先の一つがロブションだった。

最近知人と恵比寿のお城ロブションでランチをする機会があった。2月限定のランチコース。

 

f:id:devie999:20210311173632j:image

 

「東京女子図鑑」はドライブをした友人にロブションいったよ報告をしたら教えてくれた。30歳までにデートで行けたら良い女らしい。

 

観ていて出てきたのが「結婚しない男」。このストーリーは最近身近で見聞きした話と似たような部分があって、ついつい見入ってしまった。

主人公が恋人に「僕は結婚はしない。結婚なんてただのシステムで、そんなものに縛られないで二人の関係を築きたい。」と言われるシーン。主人公はそれを先進的なあり方として受けとめ、友人に大丈夫かと心配されるのだ。

これが「名前の付けられない関係」に悩んだ知人と重なったのだ。パートナーシップの形は色々で多様性に富むものだと受け入れつつ、望む関係性ではない。後々、大切にされていない関係だとそれを終わらせることになる。

 

パートナーシップの希望は早い段階で擦り合わせておいた方が当然に良い。得られるものはあるかも知れないけど、合わないものをごまかしたり隠したりすることに意味も価値も無い。

 

本編はまだ見ている途中だけど面白いのでこのまま最後まで見ると思う。

 

日記 20210223

ご飯に誘われたのでぶらぶらと散歩がてら出かけた。

かねふくでふっくらした大きい明太子一本まるまる乗った丼を食べたあと、もうちょっと喋ろうとYOKU MOKUのカフェへ。

サービスでシガールがでてきた。誘ってくれた友人は前会った時は調子が悪そうだったけど、回復したみたいで良かった。

私はこんな感じの人間関係の中で生きてますよーって話や、興味のあるエリアの勉強の機会の話をしたりした。

 

f:id:devie999:20210224093813j:image

 

夕方は別の友人と海を見る約束をしていたので、お台場へ。

科学未来館へ行ったり、好きなお店に案内したり。こんど知人のお店に連れていきたい。

帰りはフジコ・ヘミングのエッセイと「珈琲いかがでしょうか」を買って帰った。

式能、10101日記念日 2021/02/21

朝、早起きして国立能楽堂の式能を観てきた。

https://www.nohgaku.or.jp/shikinoh2021

芸術にはそこそこ触れて生きて来た方だと思うけど、実はヨーロッパのものばかりで日本の芸能はほとんどノータッチ。

学生時代に忍び込んでた文学部の授業で、概要や楽しみ方のポイントを教わった程度。あの授業、ガムランワーグナーの話も充実してて良かったな。

式能の感想、受け止めきれないものを観てしまって頭も体も追いついてない感じ。なんだろう、舞台の美しさ、静けさ、止まっているように思えてなにかが動いている感覚。知識を付けてもう一度観てみたいなと思ったのはそうなのだけど、知識以前に感じたことの大きさと言うか。

休憩時間は知人達と「宝の槌」のオチの話をした。

夜は映画でも観に行こうと言う話になって、少し時間が空いてたので私はその間一人で過ごさせてもらうことにした。映画はネズラを観た。式能も映画も、時期柄当然ながら座席は飛び飛び。

その後、様々な経緯があって、知人たちが「夜ご飯一緒に食べよう」と拾ってくれた。Hさんに「27歳の時どんなこと考えてましたか」って聞いたら生誕一万日記念日のことを教えてくれた。そのタイミングで私は10101歳、二進数的に美しいねとか、そんな話をした。楽しい夜だった。

f:id:devie999:20210222114354j:image

私は人の顔色を伺いすぎたり考えすぎたりして、何も確実じゃないのに勝手に猛省モードになる事がある。そのことも色々シェアできて、気分が軽くなった。